2009年8月23日日曜日

21_21「骨展」関連トーク「未来の骨」聴講

21_21 DESIGN SIGHTで30日まで開催の 「骨展」へ(会場構成:トラフ建築設計事務所)。エントランスのフェアレディZの"骨"は300kg。
14時からパラリンピックのメカニックを務める義肢装具士、アスリートらと、同展監修の山中俊治氏によるトークイベント「未来の骨」を聴講。会場は階段上までビッシリの超満員。実際の走行も披露された内容は、山中氏のブログ「デザインの骨格」に出ると思われる。

0 件のコメント: