2009年12月24日木曜日

映画の中の現代建築 >「のだめカンタービレ」in 欧州

ヨーロッパの歴史ある音楽ホールでの撮影が話題の「のだめカンタービレ最終楽章」。主人公のだめ(と黒木君)が通うパリ国立高等音楽には、実際のコンセルヴァトワールが登場する(画像転載:WEBSITE10+1>IGARASHI Tarophotoarchive43:paris[3]>ラ・ヴィレット音楽都市 撮影:八木晴之氏)。設計は国内では福岡に作品が建つクリスチャン・ド・ポルザンパルク
テレビ特番の欧州編でも既にコンセルヴァトワールは登場しているが、今回の映画では、内部は山本理顕設計工場《埼玉県立大学》での撮影と思われる。

0 件のコメント: