2010年1月31日日曜日

[G-tokyo 2010] トークセッションを聴講

[G-tokyo 2010]関連トークセッション「アートと建築:今わたしたちが表現したいこと」の5本の回のうち、ラスト2本を聴講。藤村龍至氏の"つぶやき"に拠れば、最初の2本は空席が出たようだが、ART業界はスロースターターが多いのであろう、共に満席。
杉本博司×青木淳の両氏はかつて2005年に[website10+1]誌上「美術館研究」で対談しており、すっかり気心も知れた雰囲気で、アートと美術館建築についてシニカルに応酬、会場が大いに沸く。画像は青木氏が内装を手掛けた大阪のギャラリー《TARO NASU》と、近年建築のPJも手掛けている杉本氏による《IZU PHOTO MUSEUM》の石組。
ラストはエルメスジャポン代表/藤本幸三×西沢立衛の組み合わせ。これまで名和晃平氏の企画展や、1Fウィンドウディスプレイに吉岡徳仁氏を起用してきた《メゾン・エルメス銀座》。かたや金沢、十和田、そして瀬戸内海の小島に"水滴"のカタチをした美術館を建設中の西沢氏。ハコをつくる人と、ハコを運営していく人の対話。

0 件のコメント: