2010年1月26日火曜日

SUS Galleryにて「高岡工作連盟展2009」始まる

富山県高岡市の伝統工芸技術と、寺田尚樹らデザイナー5名によるコラボレーション企画展「高岡バックル:TAKAOKA BUCKLE exhibition」が、外苑前SUS galleryにて始まる(高岡工作連盟主催)。青木淳、伊東事務所とのコラボで知られる安東陽子(NUNO)のブースは、モチーフに使っている蝶がバックルから抜け出てパネルで羽を休めている、という遊びゴコロある図で、テキスタイル作品も併せて出展中。仔細はディレクションを行なった田島則行/テレデザインによるリリースを参照(以上、敬称略)

0 件のコメント: