2010年3月12日金曜日

サステナブルデザイン国際会議前夜祭「Design Accord Tokyo Town Hall」を聴講

第4回サステナブルデザイン国際会議のプレイベント「Design Accord Tokyo Town Hall」を東京ミッドタウン・デザインハブで聴講。モデレータに兼松佳宏(本イベント主催元:greenz.jpクリエイティブディレクター)、ほか登壇順(敬称略)に津田和俊、NOSIGNER、田中浩也(慶應義塾大学准教授)、林千晶(ロフトワーク代表取締役)という顔ぶれで語られた「Design×Sustainnability×OpenSource= ? ? ?」の可能性。
読み終えたばかりのストック&リノベーション関連書(野城智也著『サービス・プロバイダー 都市再生の新産業論』彰国社、隈研吾+三浦展『三低主義』NTT出版)などとリンクする内容で、抜群に面白かった(早くも2010年イベントの三指に入る予感大)。中でもNOSIGNER氏が提示した「OPEN SOURCE PRODUCT」は、著作権セミナーの類いを一度でも受講した脳にはガツン!とくる新概念。"クリエイティブ・コモンズ(CC)"という考え方も初めて知るに至る。田中氏の現在進行形PJ「Open (Re)source Furniture」は Live-RAJ2008 時より更なる進化を遂げていた。なお田中氏は14-16日に AXIS galleryで開催される[XD - eXhibition 10]に出展も。
USTREAMとTwitter(#datoko)での実況有り、仔細は参照を。

0 件のコメント: