2010年6月13日日曜日

デザインは世界を変えられるのか?

東京ミッドタウン・デザインハブAXISギャラリーで開催された「世界を変えるデザイン展 imagine another life through the products」クロージングトーク「デザインはどこまで世界を変えられるか?」のセッション2「オープンソースの可能性」のみ聴講。セッション1から盛り上がっていたらしく、時間がかなり押した。セッション内容はやはり昨晩のSUS-Gallery Salon Nightの延長上にある。
セッション2のゲスト:遠藤謙(MITメディアラボ博士候補生)と田中浩也(慶應義塾大学環境情報学部准教授)の2氏は時差13時間の海外より参加、NOSIGNER (ノザイナー)氏とファシリテーター:槌屋詩野氏(日本総研)が居る会場とネット中継で結んだ。田中氏とノザイナー氏が顔を合わすのは、此処で行なわれた 「Design Accord Tokyo Town Hall」以来。
会場は補助席がビッシリ追加される超満員。twitter(#sekai_design)を追っかけてる人も散見。ガラス壁を隔てた展覧会場も最終日とあって大入りの様相。

0 件のコメント: