2010年7月29日木曜日

太田拓実×CSデザインセンター「透きとおる風景」開催中

中川ケミカルのショールームCSデザインセンターにて、写真家/太田拓実氏とのコラボ企画展「透きとおる風景 inkjet×Foglas001A」が開催されている(会期9/17まで)。今春発売されたカッティングシート(CS)・フォグラスシリーズの新商品C-001Aの特色を活かし、無色透明なインクジェット対応フィルム上で、太田氏がライフワークとして撮りためている風景写真を表現した。

CSは厚さ数ミリの透明アクリルパネルや、窓ガラスに張られている。作品を通して後ろの風景が見える。清涼感ある夏らしい展示に。
現場で商品サンプルを触らせて貰ったが、こんなにも薄いのにこんな綺麗に色がのるのか、と驚いた。会場でスライドショーしているモニターの写真よりも、くっきりパッキリと美しい。

タネ明かしをすると、表と裏とで明度を変えたCSを張って微妙な奥行きを出したり、後ろからあてられたスポット照明により思わぬ臨場感を生み出している(照明デザイン:山下裕子/Y2 LIGHTING DESIGN)。
CSデザインセンターでは単なるサインだけにとどまらず、CSの使い方や魅力についてもっとよく知って貰おうと、これまでも同社のデザイナー(本展の担当は横田恵理子氏)やクリエイターが同社と共に様々な空間提案を行なっている(去年の今頃は「Special Effects展 装飾用シート100の技法」、その前は松下計氏による「COLOR STUDY」)。行く度にサプライズが待っている。

0 件のコメント: