2010年7月13日火曜日

INAX:GINZAにて谷尻誠「Except」

建築家フォーラム第93回のゲスト谷尻誠氏による企画展「Except」始まる。音響設備が整ったばかりの会場へ。デリケートな作品を傷つけないよう、クレバスのような間から靴を脱いで入場。中ではちょうど谷尻さんがモデルさんをたてて撮影中で、合間に話をうかがう。

一歩、足を踏み入れると、まるきり別世界にワープ、まるで洞窟のよう。床、壁、天井を覆っているのは、くしゃくしゃになったアルミホイル。一瞬、此処は何処?(INAXのショールーム?)というおかしな錯覚に陥る。その感覚を一気に押し上げたのは、谷尻さんが両の掌で(パン!)と音を打ち鳴らした時。これが驚かずにおれようか。
まるで実際に洞窟にいるかのような反響音が"ハネ返って"きたので、計らずもリアクション芸人顔負けの反応に。

[ネタばれ注意]
会場内にはマイク3本とスピーカー5個が配されていて、場内の音を拾い、僅かな時間差をつけて再生している("リバーブ")。
窟内には、進行中のプロジェクトのパネルも置かれている。住宅、幼稚園、結婚式場、構想中のインスタレーションなど、こちらも必見。
アルミは《TABLOID》の"天井照明"の応用系。家庭一般用のアルミと比べてやや厚みのある業務用。《TABLOID》ではこのアルミを見せなかったが、今回は逆に露出させている。同じ素材で、異なる世界観。
入口に書かれた「口笛を吹いてみて」は谷尻さん筆(谷尻ontwitterでも「あれこれ試して」と)。ご自身で「♪~」と口笛を吹きながら動画を撮影していた。「サポーズ日和」掲載用か?

静止画や動画では伝えきれない魅力と現場の空気。会期は来週7/20(火)まで、是非とも会場に足を運んで欲しい。最終日には講演会もあり(要予約、有料)。

0 件のコメント: