2010年7月22日木曜日

大野力/sinato インスタレーション展"ROLLS"始まる

南青山のDIESEL DENIM GALLERY AOYAMA にて、大野力/sinatoによるインスタレーション展"ROLLS"のオープニングへ。厚さ0.4mmの帯状のアルミが、ぐるぐるに巻かれたり、うねったりしながら、店の奥へと連続、先へ先へと誘ってゆく。

前回がPOINT/長岡勉氏の"Labyrinth of woods"、その前が谷尻誠氏による"Nature Factory"。そもそも此処は伊ブランドであるディーゼル社のファッション店舗なので、両展とも商品什器の間を縫うように作品が配置されていたのに対し、いっそ什器もろとも作ってしまえ、というのが今回の狙いのひとつ。
触れると意外にぶよぶよと柔らかいアルミ、総重量も750kg程度。重いようで軽い、硬いようで柔らかいアルミを用いて、リボンのように軽やかな場所と、ずっしりと腰の据わった場所という異なる2つの状況を、店内に同居させている。0.4mmというベストな厚みは、事務所内に組んだモックアップで何度も試した結果。
最初は目線より下にある什器が、蜷局を巻いたアルミだとは気が付かなかった。ところどころにアルミの蝶が羽を休めているのもお見逃しなく。

0 件のコメント: