2010年9月21日火曜日

「バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ」日本巡回展 始まる

イタリア文化会館 東京にて、「バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ」日本巡回展 始まる。15:30よりオープニングセレモニー、過去の上位入賞者である山口隆、窪田勝文、五十嵐淳、小西彦仁
の4氏と、前回2009年に審査員を務め、2007年の同建築展に出展している隈研吾氏が出席。

若くして亡くなった、パドヴァ県建築家協会会長カポキン氏のお嬢さんの名を冠した、2003年から隔年で計4回開催される建築賞および建築展。日本では初の巡回展(会期10/10まで、入場無料)。

隈氏が絶賛したラジョーネ宮を会場とした同建築展は、隈氏のほかにザハ・ハディド、マリオ・ポッタ、D.チッパーフィールドが出展。


17:00より記念シンポジウム。入賞、最優秀賞などに選ばれた4氏によるレクチャーとパネルディスカッション。

同会館地下のアニェッリホールには初めて入ったが、椅子が革の匂いからしてプンプンで、とてもカッコ良かった。流石はイタリア。

0 件のコメント: