2010年10月19日火曜日

UIA2011東京大会 関連シンポジウム『建築家、はばたけ世界へ』開催

UIA2011東京大会へ向けた連続公開シンポジウム「DESIGN2050 東京・日本・地球。そして建設」No.13へ(文化シャッター本社2階/BXホール)。登壇者は芦原信孝氏、ジョン・デントン氏(オーストラリア)、パオロ・リアーニ氏(イタリア)、トンマーゾ・ヴァッレ氏(イタリア)。司会の芦原太郎JIA会長とは旧知で息もピッタリ。ヴァッレ氏は大阪万博でイタリア館を設計しているが、その際の日本側の建築家が故芦原義信氏だったという。同氏は10/21にも「大阪から未来へ」と題し、イタリア文化会館東京で講演予定(無料、要予約)。

余談:藤田嗣治が芦原家の遠縁にあたると初めて知る。うかつ。

0 件のコメント: