2010年12月10日金曜日

「SUSアルミ共生建築コンペ'10」表彰式

SUS株式会社主催「SUSアルミ共生建築Competition'10」表彰式が都内で開催された。画像は審査講評と祝辞を述べる安田幸一審査委員長(東京工業大学教授)。

7回目を数える今回のテーマは「アルミによる廃校の再利用」で、前回に続く建築課題。福島県須賀川市の廃校(旧市立東山小学校)をアルミの特色を活かして部分改修せよという命題に対し、94作品の応募があった。審査委員満場一致で最優秀賞に選ばれたのは、桑原立郎/クワハラオフィス「あるみんか」。既存の校舎を活かしつつ、新しいアルミ建築の可能性を示したことが高く評価された。今後、実現に向けて動き出す。

0 件のコメント: