2011年2月15日火曜日

新建築社ライブラリースペースにて本日オープニングイベント

新建築社1Fが、会員制ライブラリースペース「YOSHIOKA FOUNDATION FORUM(仮)」として4月に本格オープンする(2/16修正:昨日14:33UPDATE時は「本日オープン」と書きましたが、4月開館でした。訂正します)。
月刊『新建築』最新2月号の表2にも案内が出ていたが、伊『Domus』やフィンランド『ark』、廃刊になった『室内』など、内外の建築雑誌バックナンバー5,000部が閲覧できる。棚をざっと眺めただけで、かなり貴重な蔵書と知れる。什器など設計は平田晃久建築設計事務所

↓同日13:00頃の撮影

同スペースは財団法人吉岡文庫育英会によって開設され、建築を志す人々の情報収集および情報発信の場となることを目指す。
今晩18:30より「新建築レクチャー」あり。入場無料、要申込(詳細はこちら)。

↓同日17:30頃、イベント開場を待つばかり。



新建築レクチャー:アメリカのコンピューテショナル・デザインとデジタル・ファブリケーション「Out of Practice 設計から施工までを包括する新しいシステムと組織─SHoP Architects」講師:クリス・シャープルス/SHoP Architects プリンシパル+豊田啓介/Noiz Architectsの模様は、リアルタイムでUSTREAM中継されたとのこと。

0 件のコメント: