2011年3月26日土曜日

手塚建築研究所《豪徳寺商店街の階段ハウス》オープンハウス

手塚建築研究所《豪徳寺商店街の階段ハウス》オープンハウスを見学。

敷地は商店街に面し、10メートルの高さ制限がある。両隣と奥の3方を厳しく囲まれ、仮にそのまま敷地いっぱいに建てると容積率に引っ掛かる為、4層を階段状にセットバックさせている。


この解により、商店街の両隣、街並みに違和感なく溶け込んだフォルムにもなっている。

1Fは貸店舗、奥は和室、上層階への階段がある。

1Fから4Fまで一直線の階段。

2Fキッチンの端から、リビング・ダイニングを見る。

同2Fリビング・ダイニング。左側1列は収納+トイレ。

2Fベランダ(商店街側)から上層見上げ

3F居室(商店街側)

3F浴室。対面は洗面室。

3F居室。
2つの居室はそれぞれ独立していて、2室に挟まれて水回り(バス+洗面室)がフロア中央に位置している。

最上階(4F)へ。

4Fまで昇りきったところから振り返り。

4F居室 左側が階段。

4Fベランダから商店街を見下ろす。

4F水回り、バスタブ側

同、洗面室側

屋上に続く階段(見学は不可)

なお、今回のオープンハウスは「東北関東大震災義援金支援オープンハウス」であった。来場者からの募金(500円以上)は、手塚事務所での募金と合わせ、日本赤十字社に寄付される。以下、同事務所サイト3/22掲載文より要所転載。

「震災直後はこのオープンハウスを中止することを想定していたのですが、それでは被災した方々を助けることにはならないと考えました。我々の責務は単純に追悼の意を表することよりも、可能な限り健全な経済活動を続け、被災者の方々を支援することだと思います。(略) 今後、手塚建築研究所は、積極的にこの東北関東大震災義援金オープンハウスを行なっていこうと思います。建築家の方々にこの輪が広がって行くことを願っています。」

0 件のコメント: