2011年12月9日金曜日

町田ひろ子アカデミー 公開プレゼンテーション2011


 
インテリアコーディネーターの町田ひろ子氏主宰による「町田ひろ子アカデミー」にて、同アカデミーに所属する生徒による「公開プレゼンテーション2011(インテリアコーディネーター部門)」が赤坂・サントリーホールにて開催された。

本年度のテーマは「Interior de Dietをトレンドにする Vol.2~わが家のグレートルーム~」。鉄筋コンクリート造の分譲マンション(1階専用庭付き)の住戸のインテリアをコーディネートするという課題の元で、各8分のプレゼンテーションを行った。LDKの枠を超えた「グレートルーム」の提案が鍵となり、食住が一体となる新たなライフスタイルの仕掛けの他、グレートルームで活用する新商品の提案も必須要素となる。
予選を勝ち抜いてきた6グループのプレゼンテーションの後、プレゼンを見た来場者の投票によって最優秀賞・優秀賞が決定された。

プレゼンテーションを行った6グループと、各プレゼン内容は下記の通り。※括弧内はチーム名
来場者による投票の結果、【3】お茶のある家が最優秀賞に、【6Fairyが優秀賞に輝いた。

1G houseFORTIES
2】きょうのおはなし(カルテット)
3】お茶のある家(縁-EN-
4】和ちゅらる。(ビスコ)
5Chatty HouseworkStep×3
6Fairy(チームTOMATO
町田ひろ子校長より賞状を受ける縁-EN-の3名
授業でも3Dパースを積極的に用い、業界での即戦力となる人材育成に尽力する同アカデミー。順位を決めるということは厳しいことだが、提案力を身に付ける機会として、社会に出る入り口と捉えて欲しいと町田校長は語った。

0 件のコメント: