2011年12月13日火曜日

タカトタマガミデザイン《N邸》オープンハウス

都内にて、タカトタマガミデザインによる《N邸》オープンハウスへ(12/9開催)。お施主さんのご厚意により、夜19時まで見学できた。

RC造、地下1F+地上3F。以下、現地配布物より転載。
「広く奥行きのある敷地に中庭をコの字型に囲うように建つ二世帯住居。延床面積約180坪もの広さがあり、ホームシアターを楽しむことができる天井高さ4mのスタジオを内包。ファサードの一部を少しだけ持ち上げることで中庭の通風を確保し、街に対し閉じすぎない表情をもたせた」



母屋「Aハウス」1Fホールからの見上げ。
ペンダント、階段壁の四角い照明はModular社(ベルギー)のもの。



駐車場の上、2Fとの間の空間には「中層庭」が設けられている。

2F廊下。背の高いドアの表面は、ウレタン全艶塗装。ピアノ鏡面仕上げに近いピカピカの黒いドアが、漆喰半磨きの内壁と、白いカーペットに対してシャープなアクセントになっている。

2Fの個室。

映画や音楽を楽しめるスタジオは遮音もバッチリ(大型遮光スクリーンが床からせり上がってきたのには驚いた)。手前の1室(書斎)から額縁窓に切り取られた眺めも贅沢。

2F水まわり。水栓金具にもこだわりがうかがえる。

3Fリビング+ダイニング。広いルーフバルコニーが2つ設けられ、そこからの眺めが共に素晴らしかった。


ペンダント照明はLuminabella社のブランド:Catellani&Smithの「Fil de Fer pendant」。

反対側のキッチンからも望める贅沢な眺望。

黒いSATIS(10周年記念モデル)が使われているのを初めてみた。おおっ。

1Fまで降り、敷地の奥、中庭に面した「Bハウス」。都心の邸宅、冒険気分で全て見終えた頃にはすっかり日がおちて。

外壁は白セメントのサンゴ砂洗い出し、Aハウス内壁の漆喰の半磨きと共に、西澤工業(株)のオリジナル仕上げ。

設計・監理:タカトタマガミデザイン 玉上貴人、構造設計:(有)エスフォルム一級建築士事務所、施工:(株)佐藤秀

0 件のコメント: