2012年4月30日月曜日

《杉並公会堂》にて

杉並公会堂》へコンサートを聴きに行く。


館内の中庭に面したガラスがカラフルで目を引いた。二重のガラスの中に何やら収まっている。


ライティングアーキテクトの豊久将三氏が手掛けた「光のアートワーク」で、このソーラー・セルが夜になると自然に光るらしい(参考:豊久氏の講演記録「第5回物学研究会レポート」より)。


EVを2階で降りるとちょうど正面に見える。

面白いといえば、トイレの中の空室表示もなかなかであった。


扉が開いてる状態:空室「青」が、人が中に入って扉が閉まるとパタンと「赤」に変わる仕組み。


杉並公会堂》は日本フィルハーモニー交響楽団のフランチャイズホールで、「炎のコバケン」こと小林研一郎氏が絶賛したという音響の良さを誇る[参照:(株)佐藤総合計画の作品紹介ページ] 。


2006年に建て替わる前から、高校フィルやブラバンの演奏会も開催されている。今日は駒フィルこと駒場フィルハーモニーオーケストラ部の定期演奏会(入場無料)。ドヴォルザーク「新世界」等を聴く。キビキビと気持ちの良い演奏だった。

0 件のコメント: