2012年6月1日金曜日

上野恩賜公園にて

長らく工事中だった上野恩賜公園の噴水がようやく復活。もっさもさだった樹木を動かし、《国立博物館》の眺望が改善された。
再生整備計画のリリース(PDF)に拠れば、「竹の台広場」という名称があるらしい。

両サイドにはウッドデッキも設けられた。進入防止の苦肉の策なのだろう、噴水をグルリと囲んで張られた足元のビニル紐のヒラヒラさえなければ、空が大きく、良い眺め。

0 件のコメント: