2012年6月6日水曜日

東大本郷にて「生きる形」展開催中

本郷の東京大学伊藤国際学術研究センターで開催中の「生きる形」展へ(チラシPDF)。


過日、ギャラリーヨルカでの「ツノムシテン 触展」でお会いした松岡象一郎氏の作品が目当て。光ってました、ホネ。
思いがけない展示は、秋田犬ハチの心臓・肝臓ほか臓器標本。化石みたいな。



会期は9/1(土)まで、入場無料、10:00 – 17:00(入館は16:30まで)

場内で撮影とブログ掲載許可を求めて呼び止めた相手は、展示監督のお一人である遠藤秀紀教授その人。笑顔でご快諾いただきました。

0 件のコメント: