2012年6月15日金曜日

南洋堂にて「続編 東京の微地形模型」展

神保町の南洋堂書店4F:N+GALLERYにて、昨夏の企画展に続く「続編 東京の微地形模型」展が開催されている。
企画制作:荒田哲史(南洋堂店主)、菊地宏(菊地宏建築設計事務所代表)

東京都心部の地形を正確にかたどった模型の上から、鉄道各線、首都高速、河川・・・・・・等等、さまざまな映像が効果音付きで投影される。
地下を走るメトロと都営線が開業順にずずずいいぃと表示される。
所要約14分、建築に興味の無い人でも、これは見応えじゅうぶん。
効果音の作成のみならず、会場で流れている音楽も菊地宏氏の作曲と荒田さんから教わり、ビックリ。
江戸時代のマップも。ブラタモリ好きにはたまりません。

模型を作る当初から、映像コンテンツは企画されており、満を持しての今回のお披露目。 菊地事務所のサイトには、40秒に編集した動画もアップされている。
会期は明日6/16(土)まで、書店は10時からオープンしているが、展示が見られる時間帯は14時~19時。
7/4追記:好評につき、土曜日の14-19時のみ開廊しているそうです(終了日未定)。

0 件のコメント: