2012年6月30日土曜日

写大ギャラリーにて「本城直季写真展 diorama」開催中

東京工芸大学・中野キャンパス内芸術情報館2Fにある写大ギャラリーにて「本城直季写真展 diorama」が開催されている。作家(本城直季)は2004年に同大学大学院を修了した卒業生。
4×5判のカメラ(+アオリ)で撮影、2006年度の木村伊兵衛写真賞を受賞したことで知られる「small planet」シリーズから6点、「Light House」シリーズ29点、計35点を対比的に配置した会場構成。
今日は『Newsweek』フォトディレクターの片岡英子氏とのトークイベントが開催され、昨年6月に東北の被災地の上を飛んで収めた作品や、商業誌に連載した舞台作品などもスライドで披露された。
今回出展した2つのシリーズについて、在学中から並行して撮っていたそうで、校内の実習用備品のトヨフィールド等を使っていた、という零れ話に場内思わず笑う。その若かりし頃の作品も出展中。
会期は8/5(日)まで、開廊時間は10-19時、会期中無休、入場無料。

0 件のコメント: