2012年8月31日金曜日

サントリー美術館「おもしろびじゅつワンダーランド」9/2(日)まで

隈研吾氏設計のサントリー美術館へ。開催中の「おもしろびじゅつワンダーランド」は「来て、見て、感じて、驚いちゃって!」というサブタイトルまま、体感型の企画展。
国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」の蓋の内側、金蒔絵を投影したプラネタリウムが来場者をお出迎え。奥は蓋が閉じられた状態の現物。
「武蔵野図屏風」をイメージしたススキ林のアプローチから、「和ガラスの藍ドーム」のトンネルを抜けた奥に、土佐光高筆とされる「洛中洛外図屏風」がある。六曲一双の屏風をデジタル化、描かれた二条城や清水寺などの建築物、往来の人々の表情や衣装など、17世紀当時の市中の様子が拡大して見られる大型タッチパネルが大人気。
同館が所蔵する薩摩切子や藍色徳利などの「和ガラス」の色とかたちを、見て、感じる展示。展示ケースとトンネルの色が、青から白、白から青へ、ゆっくりと移ろってゆく。

本展会場はノンフラッシュ撮影のみ可能。 開館 10時~18時(金土曜は20時まで)、来週9/2(日)会期終了。次展「お伽草子 この国は物語にあふれている」も楽しみ。

0 件のコメント: