2012年9月27日木曜日

新宿東口《ビックロ》オープン初日

新宿駅東口に(株)ビックカメラと(株)ユニクロによる新型コラボ店舗「ビックロ」が本日オープンした。各社報道によれば開店前に4000人が列をなし、一時は入場規制もかかったという。
今年3月に閉店するまで、ティファニーやルイ・ヴィトンが路面にあった《新宿三越アルコット》だったが、ニュートラルな白いパネルに全面が覆われ、イメージ刷新。
「ビックロ」のトータルプロデュースは《ユニクロ銀座店》に続いて佐藤可士和氏(SAMURAI)。建築・デザインディレクションおよびインテリアデザインは片山正通氏(Wonderwall)。店員の共同ユニフォームは佐藤氏監修のもと滝沢直己氏がデザイン。
新宿通に面した3カ所のエントランスの左右壁面にはモニターが設置され、絶えずインタラクティブな映像が流れている。中村勇吾氏が手掛けた「ビックロモニター」。
頭上に取り付けられたセンサーが取り込んだ来店者の映像がモニター上に反映され、かつ「ビックロ」の赤い大小の立体ロゴが猛スピードで流れてきて、その者に絡み付く。





三越のライオンが鎮座していた反対側。

店内は大変な盛況ぶりで、1〜2Fをわずかに回遊するにとどまる。営業時間は10〜22時。

0 件のコメント: