2012年11月19日月曜日

建築家フォーラム第115回「市庁舎の未来を巡る対談:隈研吾+古谷誠章」

LIXIL:GINZAにて、建築家フォーラム第115回「市庁舎の未来を巡る対談:隈研吾+古谷誠章」を聴講。
今回は対談形式で、古谷氏が先ず、工事中に村が合併した《群馬県中里村新庁舎》、最優秀賞を勝ち取った《喜多方市新本庁舎》プロポーザル案、最近改めて見学したという丹下健三作品《香川県庁舎》などの話を導入部に、ゲストへバトンタッチ。隈氏は《戸畑区役所新庁舎 C Block PJ》、《梼原町総合庁舎》、今春オープンした《アオーレ長岡》をプレゼン、最優秀に選ばれたばかりの《富岡新市庁舎》プロポ案の画も披露された。コンペに応募する側、選ぶ側を共に体験している両建築家のやりとりは、満場の聴講者を前におおいに弾んだ(画像提供:建築家フォーラム)。最後の質疑には内田祥哉氏の姿も。
次回建築家フォーラム116回「あちら と こちら で」はゲストに小川次郎氏を迎えて開催される。

0 件のコメント: