2013年1月30日水曜日

エマニュエル・ムホー氏による《巣鴨信用金庫 江古田支店》

昨年暮れにオープンした《巣鴨信用金庫 江古田支店》を見学。
立地は西武池袋線江古田駅南口から徒歩5分、千川通り沿い。昭和36年(1961年)からこの地で営業していた支店を建て替えた。建築設計は、巣鴨信用金庫(以下巣鴨信金)常盤台支店志村支店に続き、エマニュエル・ムホー氏(emmanuelle moureaux architecture + design)が手掛けた。
設計に際し、現地を訪れたムホー氏は、駅から続く商店街や住宅が立ち並び、道往く人々との距離が近いことに興味を覚えたという。これらの複雑さとコンパクトな敷地を活かし、外と内との境を曖昧にした、両者がうまく混ざりあっている空間イメージした。また建物それ自体が店の看板となるような外観とした。
敷地面積は574.08平米、建築面積405.36平米、延床面積566.18平米、建物は鉄骨造。
店舗は歩道から2メートルほどセットバックしていて、ウッドデッキにはカラフルなスティックが29本、天を突くように立っている(全長8.91メートル)。
通りに面したガラスウォール越しに、店舗内にも同じようなスティックが立ち並んでいるのが見える。
側面にまわり、外部連続したエントランスから店舗内へ。
向かって右側がATMや窓口などオフィス空間、正面はガラスで囲まれた中庭が2つ、左側は高さ7.25メートルの吹き抜け空間で、スティックと同じ配色のチェアが置かれた、来店者の待合いスペース。
ムホーさんの説明によれば、空間は以下の4層構造に。
1.歩道からセットバックさせた外部デッキ
2.待ち合いスペース(内部)
3.中庭(再び外部)
4.奥のオフィス空間
志村支店のデザイン・キーワードは「虹のミルフィーユ」だったが、今回は「レインボーシャワー」。
見学時は晴天、冬の陽光が差し込み、ぽかぽかと心地良い。見上げれば、中庭上部に四角く切り取られた青空が。
中庭の植栽は真っ直ぐ成長していく竹をセレクト。

使われている色は全部で18色。エントランス側から黄色やオレンジなどの暖色系を配し、一番奥は青色。先ず暖かな色(気持ち)でお客様を迎えるという、巣鴨信金のホスピタリティを表現している。
巣鴨信金は公式サイトで「心迎喜会(しんげいきえ)」というキーワードを掲げている。これは「お客様に感謝し、その出会いを喜び、心からのおもてなしでお迎えしたい」という気持ちを表した造語とのこと。1分1秒でも長く店の中にとどまって、お客様にくつろいでいただけるような、ホスピタリティ溢れる空間を――という巣鴨信金からムホー氏へのリクエストは、ムホー氏が店舗デザインに関与するきっかけとなった新座支店の頃から一貫して変わらない。
千川通り側と、中庭のガラス面には、フロアから1メートル50センチくらいの高さに、スティックのパターン図がカッティングシートで張られている。ちょっとした色の仕掛けだが、衝突防止も兼ねているとのこと。 この立体作品「sticks」は、昨年9月にプリズミックギャラリーで開催された企画展「色切/shikiri」に出展されていた。
1階 窓口などオフィス空間。
1階トイレは完全なるバリアフリー対応。
2階へ。波打つ形状の手摺りは志村支店でも使われているデザイン。掴むと、手に優しいかたち。
2階は融資など法人・事業朱向けの窓口。1階奥には打合せスペース(個室)も用意。
2階奥の打合せスペースから、ガラス越しの1階見下ろし。色が雨のように降り注いでいる。

「色には元気をもらう効果があると思う」とムホー氏が語る通り、いわゆる金融機関の中に居るとは思えない、心地良くも楽しい現場見学会だった。

0 件のコメント: