2013年3月23日土曜日

[G-tokyo 2013]東京ミッドタウン・ホールにて開催中

国内のトップギャラリーによる現代アートフェア「G-Tokyo 2013」がスタートした。注目の気鋭作家の最新作から、国内外の名だたる美術館で個展を開く人気作家の大作までが一堂に並ぶ。今年は東京ミッドタウン・ホールに会場を移し、18のギャラリーが出展。会期は3/24(土)、25(日)の2日間。ディレクター:フェリエ肇子。

入場はタワー側ではなく、駅改札に近い入口から。先ずホールBにA〜Gの7つのギャラリーが出展。
A|ミヅマアートギャラリー|池田学
奥:B|TARO NASU|マシュー・ダービシャー個展

壁パネルがあるギャラリーは壁に名が明記されているが、画像のような直立した「道標」のような腰高の立方体がフロアに点在している。押したら倒れそうな感じなのだが、来場者はちゃんと避けて通っている。
会場構成は原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO(マウントフジアーキテクツスタジオ)、協力:芝浦工業大学原田真宏研究室。
C|ヒロミヨシイ六本木|大塚聡

協賛企業の「展示」もまたオシャレ。


E|SCY THE BATHHOUSE|TRANS 名和晃平
名和氏が新作を発表。

前回までの会場構成とは異なり、18のギャラリーはホールAとBの2つに分かれている。ホールの端から端を横断し、ホールのフロア中央でクロスする2つの大判パネルが、大空間を緩やかに仕切る。上の画像で説明すると、上方のパネルが左(E|SCY THE BATHHOUSE)と右(D|タカ・イシイギャラリー)にギャラリーを仕切り、目線を遮っているパネルの向こうに前述A、B、Cの3つのギャラリーが位置する。なお、パネルの端はホール壁面と接していない。
D|タカイシイギャラリーの作品は足下に。ルーク・ファウラーの作品。4つのモニターにそれぞれヘッドホン付き。腰を下ろして作品を鑑賞する。

F|イムラアートギャラリー|橋爪彩:lost virginity

照明はギャラリーおよび作品メインにあてられ、目線が上方にいかないよう工夫されている。
G|カイカイキキ ヒダリジンガロ|左 甚蛾郎展
大谷工作室、尾形アツシ、小野哲平、小嶋亜創、村田森

協賛企業が出展しているFoyer b を挟んで、奥のホールAへ。H〜Rの11のギャラリーが出展。
手前:J|ギャラリーSIDE2|占部史人 個展
「小屋」も占部氏の作品で、廃材や流木を用いて作られているとのこと。
作家の占部氏は、アラブ首長国連邦で現在開催中の「シャルジャ・ビエンナーレ11」にグループ出展、このほどSharjah Biennial Prizeを受賞した作家のひとり(GALLERY SIDE2 facebookより)。参考リンク:「TOKYO ART BEAT NEWS 2012.12/8」

I|ケンジタキギャラリー|塩田千春
左:K|オオタファインアーツ|草間彌生
右:L|MISA SHIN GALLERY|アイ・ウェイウェイ、パク・スンウ、伊庭靖子、小沢剛
手前:M|タケニナガワ|Danh Vo
ダン・フォー氏は作年のヒューゴ・ボス賞(主催:ソロモン・R・グッゲンハイム財団)を受賞したベトナム生まれのアーティスト。参考リンク:「ART iT ニュース2012.11/2)
左:L|MISA SHIN GALLERYの伊庭靖子作品。

手前:P|MORI YU GALLERY|Elan vital
黒田アキ、藤原康博、五十嵐英之、前田吉郎、黒川彰宣、ヴァレリオ・ベッルーティ
右奥:R|ユミコチバアソシエイツ|The Face In Between
廣野隆大、冨井大裕、東恩納裕一
O|小山登美夫ギャラリー|In Between
青木良太、伊藤正、桑田卓郎、小出ナオキ、菅野志雄、津田久美恵、山本桂輔
N|児玉画廊|ignore your perspective
貴志真生郎、中川トラヲ、田中秀和、和田真由子

ホールBの最深部から、フロア中央見返り。
右:Q|ギャラリー小柳|interior/pare/exterior
田嶋浩一
手前:R|ユミコチバアソシエイツ|The Face In Between
左奥:P|MORI YU GALLERY|Elan vital

会期中はホアイエaにて4つのトークセッションが開催される。会場構成を務めた原田真宏氏と麻魚氏は、最終日3/24(日)16時よりプログラムD:「建築家は良いアート空間をつくれるのか?」にG-tokyoディレクター/フェリエ肇子氏と共に登壇。聴講は公式サイト>イベントページより要事前予約。アーティストの来日情報などは[G-tokyo]公式facebookでも速報される。
会期:2013.3/23(土) 11-24時、3/24(日) 11-19時、料金:一般1200円、学生(高・大)1000円。

六本木界隈では「六本木アートナイト2013」も両日開催。

0 件のコメント: