2013年6月7日金曜日

東京ビッグサイト「インテリア ライフスタイル」本日最終日。

メサゴ・メッセフランクフルト(株)主催による国際見本市「インテリア ライフスタイル」が今年も東京ビッグサイト 西ホールで開催されている(本日最終日、17時閉場)。
吹き抜け空間に出現したサーカスのテントのような会場は、日本の伝統技術や意匠を活かしたデザインプロダクトを紹介するアトリウム特別展示「JAPAN STYLE」。会場構成は橋本夕紀夫氏が手掛けた。
「JAPAN STYLE」会場を覆っているカラフルな素材も、日本ならではのプロダクト。もとは米麦袋を縛っていた産業用のバンドで、静岡の植田産業(株)が扱う紙バンド(クラフトバンド)。
17色の紙バンドをランダム配置。デザインコンセプトは「スーパー縁日」。

なお、来年2月にフランクフルトで開催される国際消費財見本市「アンビエンテ2014」において、日本はアジアとしては初めてのパートナーカントリーに選出されている。今回のアトリウム特別展示に続いて、この「ジャパンイヤー」のアートディレクションも橋本氏が担当する。
初日に開催された記者発表会の席上、橋本氏は「JAPANというと、特に海外では静的なイメージを抱かれているが、そうではなく、アクティヴでエンターテイメントな演出としたい。今回のアナトリウム会場も、いろんなモノに溢れた、カラフルで、面白くて楽しいイメージ」を具現化したもの。

「JAPAN STYLE」会場、「紙バンド」を提供した植田産業(株)のブース。
橋本夕紀夫デザインスタジオのブース。
YAMAGIWAから販売されている照明、ほか参考展示も。
「JAPAN STYLE」は計39ブース、東屋、ミトンデザインなど46社が参加。
TIME & STYLE (タイムアンドスタイル)のブース。隈研吾氏がデザインしたオリジナル家具。床置きのソファは新作。
TIME & STYLE : ドリルデザインによるオリジナル家具。

2Fを先に見る。
西3ホール入口付近で地図を広げていたら、目の前のブース:タカタレムノスに「15.0%」として出展している寺田直樹氏に声を掛けられる。夏に向けてアイスクリーム専用スプーンの新作「sesame」を発表したとのこと。
6アイテムめとなる「sesame」はなんとストラップ付き。鞄に、腰のベルトに、肌身離さず、いつでも何処でも、アイスクリームを美味しく食べられる。
お値段は1,890円(税込)とリーズナブル。
アイスクリームスプーンだけでなく、時計の新作もタカタレムノスから発表。

2Fの一角を占める合同展示「大日本一」のブース。
奈良の中川政七商店はじめ全国から11社18ブランドが出展。中川政七商店の社長ブログによれば、同ブースはインテリアライフスタイルアワードの「design business賞」を受賞したとのこと。会場構成は東京ミッドタウン内ガレリアB1にオープンした中川政七商店街のデザインを手掛けたf.a.tの関祐介氏。
2F[02-19]:アッシュコンセプトのブース。
造形作家の志村リョウ氏がデザインした「カバのクレヨン」はこちらに出展。

右:コンクリート打ちっぱなしと見まごう、アスプルンドのブース。

[02-07]:センプレデザインのブース。
イルマリ・タピオバーラが1950年代にデザインした椅子「Lukki」シリーズの復刻版がお目見え。

YKKファスニングプロダクツ販売YKK-APのブース。
東京藝術大学大学院金田充弘研究室とYKKグループによる「つながるプロジェクト」から生まれた「イエノマド」の参考展示。
壁で住まいを仕切らずに、昔ながらの日本家屋のように、大きな一室空間を可変式の「イエノマド」で緩やかに仕切り、住まい方の可能性をひろげようという提案。

2F[03-31]:ENTER PAPERのブース。
100%リサイクル素材のミルクカートンを使った家具など。
今年のミラノサローネに出展した「MILCA SERIES」は喜多俊之氏のデザイン。試しにチェアに座ってみましたが、「みしっ」とはしませんでした。座面に補強が入っているとのこと。

車の金型などを製造している(株)イケックス工業は、その技術力を活かし、建築家の吉柳満氏がこれまでオリジナルでデザインしてきた家具を量産化商品として初披露。

イーノ・イーノ/富士工業販売のブース。
換気扇と照明が一体となった「ケーキレイ」に、LEDバージョンが新たに追加された。
引掛シーリングかローゼットがある部屋なら後付けできるので、ダイニング・テーブル上で発生する焼肉の油煙や湯気をキャッチできる優れもの。

閉場をアナウンスする「蛍の光」が流れる中、1Fにダッシュ。
1F[06-122]:ハーフェレジャパンで面白い商品を発見。DJプレイを気軽に楽しめるという電池不要の携帯ミニミキサー「ポケットミキサー」。

若手支援プログラム「TALENTS」は、若手デザイナーと企業をつなぐエリア。

10名の若手デザイナーが出展。

3日間の会期中、さまざまなセミナーも開催された。
本日開催されたビジネス系セミナーの満員御礼の様子。中川政七商店の第13代社長中川淳氏が登壇、立ち見も多数出たとのこと。
インテリア ライフスタイル」は本日6/7(金)が最終日、17時閉場。

0 件のコメント: