2013年8月21日水曜日

トラフ建築設計事務所がデザインしたショップ「Sports Lab by atmos」

JR新宿駅南口に、スポーツとカジュアルファッションを組み合わせた“スポーツカジュアル”をコンセプトに掲げるセレクトショップ「Sports Lab by atmos」がオープンした(2013.8.3)。
住所は新宿区新宿4-1-1 新宿サウスアヴェニュー1F。新宿4丁目南の交差点に面し、道を1本挟んで西側に髙島屋新宿タカシマヤ(高島屋新宿店)が、東側は明治通りに接するY字の角地。店舗面積は60坪、売り場面積は45坪。
Sports Lab by atmos」は、原宿やN.Y.に店舗を構える atmos(アトモス)が新たに手掛ける新業態のショップ。 ナイキのスニーカーなどフットウェア・アパレルをメインに、女性向けのアパレルやキッズ用のフットウェア、フレグランス、既存店舗では取り扱っていない商品も展開する。スポーツウェアの概念を超えた、ストリートファッションを取り入れたウェアを、ライフスタイル全体として提案していく。
atmos を運営する(株)テクストトレーディングカンパニー(TEXT TRADING CO.,LTD.)の代表取締役本明秀文氏は「この店のように、明るく開放的で、快適なアーバンスタイルを、足元からのお洒落で楽しんでもらえたら。特に女性の方にも足を運んでほしい」と語る。ちなみに店名の由来は「大気」を意味するatmosphere (アトモスファー)から。
ショップのデザインは、鈴野浩一氏と禿真哉氏が共同代表を務めるトラフ建築設計事務所が手掛けた。ナイキとのコラボレーションは、2007年に1年間限定のコンセプトストア「NIKE 1LOVE」と同社のプレスルームのデザインを手掛けて以来。

今回のデザインコンセプトは「ストリート×体育館」。体育館によく目にする素材を選んだり、あるいは新たに要素を付加するなどして、店全体をコーディネートした。
平台の什器は、斜線の柄がクリア塗装のマスキングによって施されている。平台の天板には、日本の体育館のフローリング向けに流通しているものを採用。
床はモルタルの金ゴテ仕上げ。
キャスター付きの金属ラックは、バスケットボールの用具からインスパイアされたもの。ハンガーを掛けられるスペースを確保した特注品で、什器制作は(株)イトーキマーケットスペース
スケルトンの天井を軽量鉄骨の格子が覆い、空間に高さを与えている。格子の被膜の上には、空調など設備がすべておさまっており、体育館の天井を思わせるようにな高効率の照明が設置されている。
商品ラインナップとしては、8/2(金)に発売になったばかりのナイキのスニーカー「FLYKNIT(フライニット)」の品揃えが充実しているのも特筆すべき点。ショップスタッフによれば、国内随一とのこと。
昨年開催されたロンドンリンピックで競技会用シューズとしてデビューした「FLYKNIT」は、ナイキのテクノロジーとデザインセンスが結集したプロダクツ。アッパー部分の素材はポリエステル糸による編み込みで、その名が示す通り、驚くほど軽い。
注/カラフルなメッシュによる「FLYKNIT」のディスプレイ・デザインは(株)ナイキ・ジャパンが担当。トラフ建築設計事務所は平台やラックなどの什器のデザインを担当した。

奥の壁、全面をナイキのスニーカーが埋め尽くす「360wall(スリーシックスティ・ウォール)」。まるで蝶の標本室を見るようなカラフルさ。
スタッフによれば、国内外を問わず一般的に売れ筋の色は白か黒だというが、配置がウォールの隅というのがこの店らしい。
ナイキといえば、靴底部分のクッショニングシステム「エア(Air)」で有名。この「360wall」は、360度全周囲に「エア」が入った「エアマックス360(AIR MAX 360)」シリーズや、ミッドソールを透明にして「エア」を視覚化した「ビジブルエア(Visible Air)」といった、ナイキの代名詞的なプロダクツを店のメイン・ディスプレイとして具現化したもの。
色とりどりのスニーカーの背景には、体育館の天井や壁の下地として吸音材も兼ねて使われる「木毛セメント板」が使われている。
スニーカーのストッパーは、小さなリングが嵌め込まれた白い棒が二本だけという、極めてシンプルなもの。取り付け穴のピッチは均一で、壁面に計372箇所。ストッパー棒は壁の奥の磁石で固定されていて、着脱が可能。全て取り払って、ガラリと異なるディプレイも可能だ。

Sports Lab by atmos」1号店となる本店舗は、三方がガラス張りである環境であることから、界隈を行き交う人々や、通りを走るドライバーの目にどう映るかということにも意識的に設計されている。
明治通りを池袋方面へ向かう車からは、Y字の角地に建つ店舗がこのように見える(8/2夜のオープニングパーティの様子)。ガラス扉のエントランスの奥、カラフルな「360wall」が見る者にインパクトを与える。
原宿・渋谷方面へ抜ける途中、交差点で信号待ちをするドライバーの視界や、髙島屋側の歩道を往く人々の目には、昼夜を問わずにライトアップされる「FLYKNIT」や、開け放たれた大扉の向こうに、「360wall」を彩るスニーカーが目に飛び込んでくる筈。
 「Sports Lab by atmos」の営業時間は11:00-21:00、年中無休(年末年始を除く)。公式facebookはこちら。

0 件のコメント: