2013年10月25日金曜日

sinato が会場構成を手掛けた「 EDIDA Special Exhibition」

ミラノサローネで恒例となった「エル・デコ インターナショナル デザイン アワード(Elle Deco International Design Awards:EDIDA)」の、来年へ向けた日本ノミネート作品を紹介する展示 : EDIDA Special Exhibition が、六本木の東京ミッドタウン コートヤードで開催されている。
「EDIDA」とは 世界26カ国版の『ELLE DECOR (エル・デコ)』編集長が、家具、照明、キッチン・キッチン用品、デザイナー・オブ・ザ・イヤー(Designer of the Year)など13の部門から優れたデザインを選び、サローネの期間中に各国版編集長による最終投票で最終的に大賞(EDIDA)1組が決定する。過去には2006年に深澤直人氏、2009年に吉岡徳仁氏がEDIDAを受賞、また前回は壁紙・塗料・塗装材部門で坂茂氏が、佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoがバスルーム部門で受賞している。

「 EDIDA Special Exhibition」展示会場は、6つの白いコンテナから成る。
エル・デコ日本版(ハースト婦人画報社発行)が独自に設定した「ヤングジャパニーズデザインタレント賞」受賞者のひとり、sinatoの大野力氏が会場構成を担当。
「ヤングジャパニーズデザインタレント賞」は、大野氏のほか、小林幹也氏(小林幹也スタジオ)も受賞。
コンテナ内では「ヤングジャパニーズデザインタレント賞」を加えた14作品のプロダクツ現物や写真パネルを展示。
展示会期は10/27(日)まで、オープン時間は11~21時。

また、都内の計91のインテリアショップやショールームが参加した「エル・デコ デザインウォーク2013」も10/26(土)よりスタート、11/4(月)まで開催。主催の『エル・デコ』が発行し、参加ショップ店頭などで配布している、赤い表紙が目印のスペシャルイシューが情報満載(ELLE ONLINE サイトにブックビュアー あり)。いわゆる秋のデザイン週間期間中の都内各所でのデザインイベント情報や、参加ショップのMAPが載っているので便利。

0 件のコメント: