2013年11月10日日曜日

六本木ヒルズに「ネオレストカフェ」2日間限定オープン

六本木ヒルズ内 大屋根プラザに、TOTO(株)による「ネオレストカフェ」が11/9(土)、10(日)の2日間限定でオープン。
同社の製品である、タンクレスのウォシュレット一体成形便器「ネオレスト」の発売20周年を記念したイベント「NEOREST×4CREATORS」の一環で、先の「東京デザイナーズウィーク2013」出展ブースに引き続き、トラフ建築設計事務所、橋田規子、野老朝雄、ミヤケマイの4組の作家・建築家とのコラボレーション。
トラフ建築設計事務所とアーティスト野老朝雄氏による、バースデーケーキをモチーフとした円形ステージ上に並べられた「ネオレスト」には、誰でも自由に座ることが出来る。中央に堆く積まれているのは、会場でアンケートに答えるともらえる本日発売の「トイレットペーパー型川柳集」。放物線状に配された「ネオレスト」はもしや「苺」か?
会場は「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」前、大屋根の下。ふだんからテーブルと椅子が置かれたオープンスペースとなっているが、会期中は丸テーブルの天板が野老さんのグラフィック(紋)仕様に。山梨から出店したというカフェのドリンクを買い、どちらの「椅子」で味わうもよし。
会場では、先の「TDW2013」における展示の一部も再現。美術家・ミヤマケイ氏による鏡を使った作品ブースの出口付近には、10/17に発表された「第9回トイレ川柳」入賞作品および上位の"名句"3首が書かれた"トイレットペーパー"がさがる。

3輪オートバイ「トイレバイク ネオ(Toilet Bike Neo)」の現物展示も。同バイクは、家畜の糞尿や生活排水から出るメタンガスから生成して作られるバイオガス燃料で走る(公道走行中の様子は、2011年9月開設の「トイレバイク ネオ」twitterや、 昨年8/29付の Youtube 上で公開されている)。
会場で貸し出している、白い○○○が付いた専用ヘルメットを被り、ネオレストの座席に股がる子供らに混じって、大人の姿もちらほら。
会期最終日11/10(日)のオープンは11時から20時まで。

なお、11月10日は「いいトイレ」と読めることに因んで日本トイレ協会が1986年に制定した「トイレの日」。会場では15時から、今回のイベント全体の監修と空間設計を担当したトラフ建築設計事務所ら出展作家によるトークショーを開催予定(予約不要、無料)。出展作家プロフィールなど詳細はTOTOニュースリリースを参照のこと。

0 件のコメント: