2013年12月26日木曜日

洗足学園音楽大学《シルバーマウンテン》でX'mas コンサートを聴く

川崎市高津区にある洗足学園音楽大学に新しく建った新校舎 《シルバーマウンテン》 で開催されたコンサートへ。竣工を記念し、主に同学教員によるオープニングコンサートが10/1から3か月連続で開催され、ラストを飾る夜は12/25のクリスマス。
銀色のドーム状の建物 《シルバーマウンテン》 と、赤く四角い建物 《eキューブ》 が並び建つ姿は、校門前を走る国道14号からも見える。夜はライトアップされ、インパクト抜群。
同校のニュースリリースや『新建築』12月号によれば、前者はリハーサル施設で、後者(通称:レッドクリフ)は学生ラウンジや事務所が入っている。設計は押野見邦英氏が代表を務める k/o design studioKAJIMA DESIGN、施工は鹿島建設
《シルバーマウンテン》 の金属パネルの外壁。遠目にはなんとなく柔らかそうに見える(気のせい)。
《シルバーマウンテン》は、上から見ると卵型の建物の外壁に沿った外溝からの照射と、やや離れた位置からの外部照明灯で、青紫色にライトアップされている(画質が粗くてわかりにくいが、実際はもっと綺麗)。

LED照明が格納されている外溝部分。

JR南武線の電車の音を背に、北東側からの2棟の眺め。
《eキューブ (レッドクリフ)》 の南側外観。
2棟はアーチ状のガラス屋根で結ばれている。アーチの下が2棟のエントランス。
《シルバーマウンテン》 のエントランス。ガラス壁を通した1F ホワイエの眺め(反対側の《レッドクリフ》のエントランスに置かれたモニター画面の映像が映り込んでいる)。
 1F ホワイエは、ルイスポールセンのアーティチョークが4連という贅沢な空間。
 1F ホワイエ、弧を描いた壁に沿って、木製ベンチが奥まで続く。
 1F 階段部分。廊下の奥がトイレと演奏者準備室。
地下1Fの階段下からの見上げ。
何故か、この階段の下に大きなシロクマのはく製?が置かれていた。
 地下1F リハーサル室前のラウンジ。
 2F リハーサル室前のラウンジ。こちらのライティングはブルー。
 2F ラウンジのベンチ。演奏の間にこちらで休憩。
 2Fリハーサル室出入口。
 館内の壁付照明がとても綺麗だった。吹きガラスのような半円形ブラケット。
当夜で和洋声楽あわせて313回の音楽会とのこと。3会場とも満席であった。

0 件のコメント: