2014年1月10日金曜日

建築会館にて「建築雑誌2012-2013」展 開催中

田町の建築会館 1Fギャラリーにて、一般社団法人日本建築学会の会報誌『建築雑誌』が、2012年から翌年に特集した内容について、その間の表紙や誌面デザインを通して振り返る展示が1/19(日)まで開催されている。

東日本大震災発生後に発足したという編集委員会の編集意図を毎号の都度、理解してビジュアル化したのは、アートディレクター・デザイナーの中野豪雄氏(中野デザイン事務所代表)。会場内の開催趣旨のテキストは、2012-2013会誌編集委員会の委員長を務めた青井哲人が寄稿。同氏の研究室日誌「VESTIGIAL TAILS/TALES: akihito aoi’s blog」に拠れば、青井氏、中野氏に加え、2014年から同誌のデザインを担当する原田祐馬氏、南後由和氏の4氏によるトークイベントが1/16(土)18:30より会場にて開催される。入場および聴講無料。

0 件のコメント: