2015年1月13日火曜日

JUTAKU Timeline エレメントからみる住宅の可能性

リビングデザインセンターOZONE開設20周年記念イベントとして2月10日(火)まで開催される本展は、リビングデザインセンターOZONEが開設された1994年当時と現在を比較し、住宅をめぐる20年分の出来事を年表化する事で改めて認識し、次の20年へ向けた住宅の未来を提示する内容となっている。
 展示は、『住宅タイムライン』と『住宅エレメント』ゾーンに分けられる。
 住宅タイムライン 
ここ20年の住宅をめぐる動きを年表化されて展示される。
住宅タイムライン
70年代生まれの建築家が影響を受けた住宅とその歴史観を紹介し、住宅の将来像を展望。
出展は、青木弘司、伊藤暁、猪熊純、鈴木謙介、長崎辰哉
住宅エレメント
住宅の主要なエレメントに焦点をあて、住宅のつくり方や暮らしの変化を俯瞰しながら新たな可能性を探る内容。
出展は、朝日ウッドテック・ウッドワン・TOTO・東京ガス・ニチハ 他



本展覧会は、~2/10(火)まで(新宿パークタワー7Fリビングデザインギャラリー)。
会期中には連動シンポジウム「住宅と暮らしの20年」(全三回)も開催される。

リビングデザインセンターOZONE開設20周年記念イベントの詳細はこちら

0 件のコメント: