2015年2月16日月曜日

昭和女子大学・杉浦研究室による「ホンノバ・カタリバ2」開催中




伊東建築塾恵比寿スタジオにて、昭和女子大学杉浦久子研究室による「ホンノバ・カタリバ2」が、明日17日まで開催中だ。

杉浦研究室では、コミュニケーションを生み出すための仕掛けとして本の物々交換が出来る空間の演出を、2011年から継続して行っている。
渋谷という都心に新しいコミュニケーションを起こすために始まった本プロジェクトは、東日本大震災の際に釜石との間に生まれた縁がきっかけとなり、現在は渋谷と釜石を結ぶプロジェクトへと発展した。釜石にある「みんなの家 かだって」へは、これまでに300冊以上の本が杉浦研究室から届けられている。


今回は恵比寿にある伊東建築塾恵比寿スタジオにて、釜石の現状の写真展示を兼ねて開催されている。囲炉裏テーブルを囲んで暖をとりつつ、本を片手に談笑できるような心地よいスペースが出来上がった。
 2月17日(火)の17時まで、釜石の方々に届けたい本の持ち込みを受付中だ。

0 件のコメント: