2015年4月23日木曜日

オンデザインパートナーズ +B(プラスビー)内覧会 

オンデザインパートナーズ(代表:西田司)が、計画・設計に携わったプロ野球 DeNAベイスターズのコンセプトショップ「+B」が、横浜スタジアムに竣工し、4月21日に内覧会が開催された。
「+B」は、「日常の生活の中にBASEBALLをプラスする」という新しいコンセプトを持って立ち上げられたオリジナルブランドで、今回その第一弾となる取組みとして横浜球場の公園に面した側に、オープンする。オンデザインパートナーズは、横浜スタジアムをもっと市民に開かれた場所とし、コアな野球ファン以外にも球場を身近なものにしていく構想のプログラムの作成を共同で行なった。
店舗には、1カップずつ丁寧に入れられた香り高いコーヒースタンドもあり、取り扱いの商品構成も含め、これまでのプロ野球球団オフィシャルショップのあり方とは、一線を画すものとなっている。
スタジアムに野球観戦に来る方以外の方も、地元の方、横浜への観光客も、寄ってみたくなるような仕掛けや、魅力的な商品構成をもつ。
コラボレートクリエイターとして参加したのは、オンデザインパートナーズの西田司、メソッドの山田遊、NUMA BOOKSの内沼晋太郎の3名。
店舗設計では、横浜のあらゆる場所で使用されている煉瓦を主素材として選択し、場所との連続性を表現しており、一つの素材を全面的に用いる事で、固有の場を作り出すことに成功している。

DeNAベイスターズは、横浜公園と日本大通りの角に建つ「旧関東財務局」の活用事業公募で施設の事業者の選定を請けている。
引き続きコラボレートクリエイターとともに、横浜の都市生活により深くコミットし、施設内に留まらず、都市空間を活用した暮らしや、働き方など新たなコミュニティの創成に尽力する予定だ。


+B
〒231-0022 神奈川県横浜市中区横浜公園
<旧オフィシャルショップ(2014年まで)の跡地>


0 件のコメント: