2019年3月15日金曜日

フレンチ・デザイン展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック・・・」

東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で本日より開催のフレンチ・デザイン展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック・・・」の内覧会へ。
本展は、フランス創作家具振興会(VIA)がフレンチ・デザインを紹介するために2017年から世界各地を巡回している展示で、アジアでは東京が初となる。
国際的に活躍をする40人のクリエーターにより結成されたシンクタンクにより「フレンチ・デザイン」を定義する10つのキーコンセプトを導き出し、40のプロダクトが選出。東京展では、そのうちの5つのキーコンセプト・20のプロダクトを展示している。

会場内には、デザイナーのジャン=シャルル・ド・カステルバジャックが考案したオリジナルテントが配置され、それぞれのキーコンセプトに分かれた展示になっている。テントの上にかかれているのがキーコンセプト。
実際に触ったり、使ったりすることができる。3/23には、関連のトークイベントも開催。会期は3/31まで。
また、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー 1&2では、企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」が開催中(6/30まで)。

2019年3月13日水曜日

第16回 JLCAオープンセミナー 開催

3/5(火)東京ミッドタウンにて、(一社)日本ライティングコーディネート協会主催「第16回JLCAオープンセミナー」が開催された。
テーマは「空間リファインにおける 照明及び設備のコーディネート」。
講師(左):橋本  健 建築家 / 環境計画スタジオ一級建築士事務所 代表
コーディネーター(右):山中 敏裕(一社)日本ライティングコーディネート協会 
副会長 / ライツワークス 主宰
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回のオープンセミナーは、JLCA伊藤 雅基 会長のご挨拶から始まり、建築家の方に「照明のことを中心に」お話をしていただくという趣旨。
セミナーの内容としては、非常に実務的・実用的であった。
今回の講師の橋本 健 氏は、奈良県生まれ。大学卒業後、上場企業に就職するも建築にめざめ、一念発起。専門学校に行き直し、設計事務所・浜野商品研究所を経て独立。環境計画スタジオ一級建築士事務所を設立という異色の経歴の持ち主。
また、2003年にはTVチャンピオン「狭小一戸建てリフォーム決戦」に出場し優勝、第4回リフォーム王となる。
スケルトンリフォーム、リファイン住宅、オフィスビルの再生に取り組まれている。
また、コーディネーターの山中 敏裕 氏は、大阪府生まれ。大阪体育大学卒業後、小泉産業株式会社(現コイズミ照明)入社。その後、1999年に独立し、ライツワークスを立ち上げ照明コンサルティング活動に従事。2006年にJLCAを設立し、現在に至る。
また、同じ関西出身ということもあり橋本氏との親交は長く深いとのこと。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
橋本氏が設計をする上で大切にしていることはお客様に寄り添うこと。
とにかくお客様にきちんと向き合って『絆をつくることが大事』とのこと。

図面を引く前に、まずは素案をつくってお客様の反応を見ながら一緒につくっていき、
基本的な方向性は誤らないように注意して、常に+αの差別化できる提案をしていく。

その上でお客様に「変わった」と実感していただけるよう、お金をかけるべきポイント
はハズさない。

また、建築家だけではなくチームとしてライティング・造園など、専門家に任せるべきところは任せることで空間ががらっと変わるとのこと。

特に照明計画は、ライティングコーディネーターではないとわからない点も多く、建築家とは違う視点からの提案があり、これが一番「変わった」とお客様に印象づけることへの近道とのこと。

これらにより「建売でも、注文住宅のような空間にできる」。

今回のセミナーについて関心を持った方は、以下のリンクに一度アクセスを。

JLCA /(一社)日本ライティングコーディネート協会:http://www.jlca.or.jp/

2019年3月8日金曜日

「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」

東京ビックサイトにて3/5~8の期間で開催中の国内最大級の総合展示会「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」へ。「JAPAN SHOP」「建築・建材展」「ライティング・フェア」などの6展示会と1特別企画で、合計1,308社・団体が出展(主催:日本経済新聞社)。

「JAPAN SHOP 2019」(第48回) 東4・5ホール
[JS4304] アイカ工業
メラミン化粧板の新柄をはじめ、UV硬化型樹脂化粧板アルディカ、+WONDER(プラスワンダー)、オルティノフィルム、オルティノ加工商品、セラール、ラミナム、塗り壁材の新ブランドなどの新柄・新製品を展示。意匠感のある商品だけではなく、従来からの商品に機能を付与した新しい展示も。
[JS4335] VeroMetalアイチ金属) 
ドイツ生まれのオーダーメイドコーティング「VeroMetal」を展示。展示されているコーティングされた迫力ある針葉樹合板パネルのデザインは、SUPPOSE DESIGN OFFICEによるもの。17種類の金属ラインナップで構成される。金属特有の重量感や煌めきで、味わい深い表情を演出。施工方法によって素材表面は、マット(無光沢)・サテン(半光沢)・ポリッシュ(光沢)・ハイポリッシュ(高光沢)・パターン(模様)に加え、エイジング処理など多彩な仕上げが可能。
[JS4354] 日本製図器工業 
デジタル印刷とデジタルエンボスを同時加工加工可能な3Dワイドフォーマットプリンタ「DIMENSE」の実機が日本初上陸・実演。ブースには、「DIMENSE」で作成した壁紙があわせて展示。独自のストラクチャー立体加工であらゆるサイズのオーダーメイドの画像を印刷する。
[JS4420] モメンタムファクトリー Orii 
古くから用いられた銅着色の技術と化学反応により、鮮やかに発色された銅や真鍮板を、インテリアマテリアル商品として提案。また、商業空間におけるディスプレー展示を想定し、発色板が施された家具も展示。

「建築・建材展2019」(第25回) 東3・5・6ホール
世界の最高級ホテルに選ばれているドイツ製シャワー・水栓の老舗メーカー“ハンスグローエ”。革新的なテクノロジーを搭載するプレミアムブランド「hansgrohe」と、世界で著名なデザイナーとのコラボレーションによるラグジュアリーブランド「AXOR」より、新作を中心に展示。テクノロジーと美しいデザインの融合による特別な空間づくりを提案。
[AC5135] 望造
ヨーロッパ建築で愛されてきた本格寄木を現代版に進化してリメイクしたフローリング材や、幅広のフローリングの表面をノミ・カンナ等で人の手により加工したフローリング材などを展示。
[AC5232] ユータックメタルグラス・ジャパン   
天然石シート「NALEXIBLE」を展示。天然石材を特殊な技術で薄く剥がし、シート状にした革新的な新型材料で、ハサミでの切断や三次元湾曲ができ接着剤による貼付も可能。今まで石材での施工ができなかった内外装部位にも施工でき、建築物の表現の自由度を広げてくれる。

「ライティング・フェア2019」(第14回) 西1・2ホール
[LF2030] シグニファイジャパン 
今年1月“フィリップスライティング“から社名変更した“Signify(シグニファイ)“。引き続き、フィリップスブランドを扱うと共に、照明のIoTプラットフォーム「Interact(インタラクト)」を発表。スタジアムに見立てたブース内では、パブリック(演出)、スポーツ、オフィス、家庭の各セグメントを軸とした展示をしている。オフィスコーナーでは、最新技術「Li-Fi(ライファイ)」による大容量通信を紹介。
展示会は3/8(金)まで。事前登録で入場料(通常:3000円)が無料。展示の他、連日特別セミナー・シンポジウムなども開催されている。

2019年2月21日木曜日

企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~内覧会

日本科学未来館(東京・お台場)において、2月8日(金)から始まった企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~【主催:日本科学未来館、読売新聞社、フジテレビジョン、BS日テレ】内覧会へ。
本展公式サポーターANZEN漫才の二人と四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシン【日立建機】
本展は、普段立ち入ることができない工事現場の内側を探検する企画展。初の国産油圧ショベルや、ブルドーザ、ホイールローダ、最新の四脚クローラ方式双型コンセプトマシンなど、多種多様な大迫力の重機の実物が勢揃いする。
さらには、ゴーグルをかぶるだけで地面の下の様子を把握できる映像システムや、水中など危険が伴う現場で作業員の安全を確保する遠隔操作技術など、工事現場に導入された先端技術を実機や映像で紹介。
工事現場に秘められた人類の知恵や重機の仕組み、重機が文明に与えた影響など、様々な角度から“掘り”下げる。

展示構成は大きく7つから構成される。
この記事では、展示の一部をレポートする。

【プロローグ】「地球」工事中!―文明を築く技術
人類誕生からこれまでの土木技術の営みを絵巻調のイラストで紹介。また、最新の双重機の実機を展示し、重機に関する過去から近未来を紹介する。

【第1章】「大地」工事中!―世界を拓く重機たち
土砂をすくいあげたり、大地の形を整えたりすることのできる重機を紹介するエリア。ブルドーザやホイールローダの実機を間近で観察し、大地を切り拓く力強さや迫力を感じられる。

【第2章】「都市」工事中!―建物、街、生活をつくる
街中の大規模工事現場の様子を紹介するエリア。工事現場の万能選手である油圧ショベルの実機や、ジャンボジェット機と同じ重量を吊り上げることができる大型クレーンの運転席やフックなどを展示。
また、2020年東京オリンピックに向けて急ピッチで建設が進められている「新国立競技場」の建設の様子も映像や写真で紹介している。
日本初の油圧ショベル ユンボY-35【キャタピラー】
SCX3500-3 クローラクレーンの運転室【住友重機械建機クレーン】
クレーンの滑車の仕組みを体感で理解できる
NEO作業服や工程表

【第3章】「都市」再・工事中!―解体の美学
街中で行われている解体工事について紹介するエリア。狭い土地の中でいかに効率的に、また周囲に影響を与えないように解体するか、解体技術にも様々な工夫が凝らされている。本章では、解体現場で活躍する油圧ショベル用のアタッチメントを紹介。

【第4章】「未来」工事中?―これからもくらしを支えるために
重機をとりまく技術革新や未来の工事現場を紹介するエリア。現在では、ICT(情報通信技術)やロボット技術の導入により、より効率的にかつ安全に工事を進められるようになってきている。また、炭素繊維など、新しい素材を取り入れた技術開発も進んでいる。土木・建築技術に有用な新しい技術を紹介するとともに、そうした技術によって実現するかもしれない未来の社会について想像を膨らませる。

【撮影スポット】ミニ油圧ショベルなどに乗って、記念撮影!

タカラトミーの「トミカ」重機コレクション

【エピローグ】
重機が活躍する現場やそこで働く人々の様子を大迫力のシアターエリアで体感し、人類と重機の深い関わりをみる。

マニアや子供達だけではない人たちにも親しみを感じられる本展は5月19日(日)まで。
会期中には、さまざまなイベントも予定。
入場料金など詳細はこちらを参照のこと。

2019年2月18日月曜日

ブラザー販売 東京オフィスリニューアル内覧会

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、コミュニケーションと自社製品活用を活性化することでアイデアやイノベーションが生まれるオフィスを目指し、東京オフィスの執務エリアを2月中旬に全面リニューアルした。
ブラザーグループは、2016年度より中期戦略「CS B 2018」が掲げる事業・業務・人財の変革を実施。ブラザー販売では、「B to Bへの転換」というキーワードを掲げ、業務や人財の変革を行っている。
その一環として、クリエイティブな思考ができ、アイデアやイノベーションを生み出す場へと転換すべく、東京オフィスをリニューアル。
東京で働く従業員が、半年かけて課題の洗い出しや理想のオフィスを模索した結果、フロアごとの人員構成の偏りや会議室不足などの課題解決、フリーアドレスやリフレッシュエリアといった「部門横断型」の交流を増やす工夫をするとともに、自社製品を積極的に活用できる環境に生まれ変わらせた。
フリーアドレス
リフレッシュエリア
オープンミーティング

■コミュニケーション活性化
「見える・動く・出会う」をキーワードに、フリーアドレスを導入したフロアレイアウトやクイックミーティングスペース、リフレッシュエリアなどを導入し、「部門横断型」の交流を増やす工夫がされた。収納スペースを削減できたことにより、空いたスペースを有効活用することができるようになった。


プリンター活用例
ラベルライター活用例
Web会議システム
■自社製品の積極活用
プリンターをはじめとする自社製品を積極的に社内で活用できる環境に。プリンターは全フロアの消耗品を一括管理するための自社ソフトウェア「BRAdmin」や送り状専用プリンタードライバーを活用するなど、顧客の立場に立った使い方をする中で得た気づきを、ビジネスのお客様に向けた提案に生かす。Web会議システム「OmniJoin」による遠隔会議、ミシンやスキャンカットを自由に使用できるソーイングスペースなども設置。



ブラザーの東京オフィスは、“働き方”も”自社製品活用”もLABOのように実験を続けることで、B to Bへの転換を目指す。1階ショールームも来年度中にリニューアルを始めたいとのこと。