2018年4月20日金曜日

スキーマ建築計画「ドシー五反田(℃五反田)」内覧会

五反田に4/20(金)よりオープンするカプセルホテル「ドシー五反田(℃五反田)」の内覧会へ。「ドシー」は、トランジットサービスを提供するナインアワーズの新しいサービスで、独自のサウナと睡眠に特化した施設。元々カプセルホテルだった建物のリノベーションで、設計をスキーマ建築計画、サイン&グラフィックデザインを廣村デザイン事務所が手がけ、アドバイザーとして柴田文江氏を起用している。12月にオープンした恵比寿に続き、2店舗目。
従来のカプセルユニットを活かしてリユースし、そこに独自のサウナサービスであるロウリュとウォームピラー(冷水)を加え、新たな空間をデザインした。サウナのみでも、カプセルホテルで1時間~の仮眠、宿泊での利用もできる。
1F レセプションスペース
海外からの利用者も考慮して、大型スーツケースを収納できるスペースも設けている。
恵比寿に続き「ドシー」のコンセプトカラーであるベージュと赤錆色を採用。
前回は浴室まわりにFRPを使用したが、今回はベージュレンガ・釉薬レンガ・ガラスの組み合わせで構成をしている。レンガは、水場で使っても問題のない頑丈なものを使用。

B1F サウナスペース
本場フィンランドに倣い、室温は高めの90度前後に管理、熱したサウナストーンに客自身がミント水をかけてじんわりと蒸気浴を楽しむ“ロウリュ”を体験できる。クールダウンには水風呂ではなく、体に沿って静かに流れる水流に包まれるような浴び心地が特徴のTOTOのウォームピラーを4段階の水温で用意。またサウナスペースから1Fに続く階段で出られる、外気浴エリアも設けている(“外で涼む”というのもフィンランド流。現地だと路上にタオル1枚姿で涼んでいる様子が普通に見られるようだが、ここではさすがに目隠しはされている。)
2~6F カプセルスペース
7F ラウンジ
宿泊者は、ここで休憩することができる(電源完備、1Fで飲み物のみ販売)。
男女利用可能な恵比寿と異なり、男子専用となる五反田。従来店舗の仕上げをそぎ落とし、むき出しのままの状態にするという大胆な提案で、保健所の確認検査の際には“完成前に呼ばないでください”と言われるほどの荒々しいデザイン。
担当者も“やりすぎじゃないか?”と心配したようだが、荒々しい壁面にポップなサインが入ったり、レンガが入ることで空間が引き締められているようにも思う。

2018年4月9日月曜日

東京大学総合図書館本館改修

東京大学で進行中の総合図書館改修で一部工区の引渡前に現場説明会が行われた。
90年前の図面を読み解き、可能な限り当時の建材を再利用し施工当時の空間を再現しながら現在の仕様に合う改修が行われている。
入口正面には3階まで続く大階段があり、トップライトからの光が柔らかく室内を照らしている。改修作業中だったので階段を上ることは出来なかった。
1階にある記念室は戦時中に学徒出陣結成式が行われる等、東京大学の歴史に残る場所である。
床のチーク材は現在入手困難なため当時の建材を再利用し、足りないものは他の部屋で使用していた同年代のものを使用。
天井の照明器具は写真を見ながら復元。中央の照明を囲んでいる小さいものはブラケット照明として単体で使用できる。
ブラケット照明として使用。
緞帳の金具

大階段を上がった3階は以前図書館が閉架だった時の受付だった場所。
階段の上は吹抜になっていて、開口部から入る光が室内を明るく照らす。
照明器具は1階記念室の照明器具に似ているが違うものがついている。
閲覧室は防音のため床材をカーペットに変更。空調を床からにしたことで結果的にオリジナルの状態で復元出来た。壁や天井は改修作業で重なった壁の色をはがしていきオリジナルの色を確認しオリジナルの色に戻した。空調は床から吹き出しにし、意匠に影響の無いようにした。
天井は現在の建築基準に変更しているが、保存と次回改修(100年後?)に設計者が施工当時の状態が分かる様にとの配慮から一部窓際の天井を竣工当時オリジナルと同じ木下地としている。
窓際の天井部分がそうだが、見た目では分からない。

4階吹き抜け部分はコンクリートと同じ扱いになる高強度ガラスを使用して吹き抜け部分を囲んでいる。人がぶつかっても大丈夫なくらいの強度があとのこと。
トップライトを囲む格子天井の部材は当時のものを使用。
柱の木材も当時のものを使用しているが、傷んでいる箇所も多かったとのこと。

5階トップライト最上部。上下のバーは窓清掃の際に安全帯を取り付けるもの。

最上階から地下へと移動。
図書館新館とは地下1階でつながっている。
地下から見た傾斜が本館入口正面の階段になる。(赤い丸の部分)
正面玄関階段の一番上だけ色が違うが、ここにエキスパンションジョイントが設置されていて、一番上の新しい石が本館、古い石が新館になる。
新館と本館のB1GLが違い、接続を解消するのに苦労したとの事。
地下の窓は雨かかりがないのでサッシは当時のものを使用。内側に新しい窓を設けて防火に対応している。

4月からは新たな改修が始まる。
改修開始から既に4年が経過。改修終了するまで数年がかかる。

2018年4月4日水曜日

青木茂建築工房「(仮称)林マンションリファイニング工事」完成見学会

大田区北馬込で青木茂建築工房が手掛けた「(仮称)林マンションリファイニング工事」の完成見学会へ。青木茂氏は、“リファイニング建築〈再生建築〉”の提唱者で、リファイニング建築については、事務所HP内コンセプト参照。

(以下小文字、計画概要について配布資料より)
本計画は、業務提携している三井不動産株式会社と青木茂建築工房との業務提携後、第二号案件であり、昭和41年に新築された「検査済証のない共同住宅兼店舗」を耐震補強と同時に「大規模の修繕」で検査済証を取得するリファイニング計画です。
オーナーは当建物が耐震性の問題、老朽化が進行していることから、三井不動産、青木茂建築工房と総合的に検討を行い、建替えた場合、現行法の日影規制・高度地区の高さ制限・容積率制限等(既存不適格箇所)により、既存建物のボリュームが確保できないことを踏まえ、最終的には既存建物のボリュームが維持でき、コスト削減・相続対策・環境負荷低減につながるリファイニング建築手法を選択されました。行政対応について検査済証がないことから、平成26年7月国土交通省から公表された「検査済証のない建築物に係る指定確認検査機関を活用した建築基準法適合状況調査のためのガイドライン」及び大田区建築指導課の指導を基に「建築基準法第12条5項の規定に基づく既存建築物調査結果報告書(法適合状況調査報告書及び既存不適格調書等)」を提出しました。既存EVは当初確認図書に記載がなく、完了検査までに現行法に適合するよう是正する前提(既存EVシャフト拡幅を伴う)で確認申請の提出が承認されました。さらに、建築基準法による確認申請では既存屋内避難階段(既存不適格)を屋外避難階段(避難規定は既存不適格対象外)に是正する必要があったため、最終的には耐震促進法による認定に伴う確認申請提出を行い、確認済証を取得しました。構造補強について既存フレーム内に耐震補強壁を新設(地下1階;柱鉄板巻き及び柱増打ち補強)、塔屋の解体、廊下側壁の乾式化等による軽量化により、耐震指標Is値を0.6以上確保することで耐震評定を取得しています。計画について既存3つのフレーム(スパン)内に各階4住戸(界壁:CB)だった既存計画を、フレーム内に新規耐震補強壁を設け、各階3住戸に変更(現ニーズに合う間取り、住戸面積確保)、1階を店舗から長屋へ(用途変更対象外)変更しています。なお、中性化対策として4,5,6階の梁に亜硝酸リチウム圧入工法を採用しました。特定緊急輸送道路沿いの耐震助成金の交付が予定されており、2018年3月末日には建物全体にて検査済証を取得する予定で、三井不動産レジデンシャルリースがサブリースすることになります。
既存躯体保護と意匠性向上のため、外装は一新。有孔折板はオリジナルのものを制作した
既存EVシャフトは現行法を満たすEV設置のため、壁一面を解体し拡幅工事をした。
住戸計画は、既存3つのフレーム(スパン)内に各階4住戸だった既存計画を、フレーム内に新規耐震壁を設け、各階3住戸に変更している(現ニーズに合う間取り、住戸面積の確保)。※6階のみ2住戸。
1階は店舗から長屋へ変更。
青木茂建築工房では現在設計スタッフを募集中。詳細は事務所HPにて。

2018年4月3日火曜日

働き方に新しいソリューションコンテンツを提供する      企業横断型プロジェクト「FROM PLAYERS」設立

3/30(金)イトーキ(代表取締役社長:平井嘉朗)は、企業横断型プロジェクト「FROM PLAYERS」設立発表会に参加した
今回、多様な知見と事業リソースをもった11の企業とブランドが集結し、働き方に新しいソリューションコンテンツを提供する、企業横断型プロジェクト「FROM PLAYERS」(読み:フロムプレイヤーズ)が2018330日に設立

平井氏は「人口減少社会に突入し、労働生産性の向上が必須となった今、オフィスにはイノベーションが求められており、この社会的な課題をクリアするには、現場(働き手)がいかに主役になれるか、が大事」と語った。
  
このプロジェクトは、「はたらく人一人ひとりが、より良いコンディションで、最高のビジネスパフォーマンスを発揮できる状態をつくる」をビジョンに掲げ、これまで主にマネジメント視点で進められてきた”働き方改革”を改革する取り組み。

働き手からの視点(=FROM PLAYERS)で 新しい働き方を考え、それぞれの専門性をもった11の企業・ブランドのコラボレーションによってソリューションコンテンツを提供するとのこと

『いいはたらく』をすべての人に提供することを目指し、自発的に働くという意味を込めて「WORK」から「PLAY」へ。
また、この働き方に共感する人や企業団体が実践できるための新たな手段を開発し、その具体化を目指していき、 イトーキは健康増進ソリューション「Workcise(ワークサイズ)」で、プレイヤーのパフォーマンス向上に貢献していくとのこと。
現在「FROM PLAYERS」事務局では本プロジェクトの効果検証を行うフィールドテストに参画していただける企業を募集している。
募集期間は、2018年4月末迄(予定)。
興味のある企業様は、お早めに以下のリンクにアクセスし、ページ下部の問い合わせフォームより”フィールドテスト参加希望”と記載の上、事務局へご連絡を。
https://from-players.jp