2017年10月17日火曜日

「Tokyo Midtown Award 2017」授賞式・作品展示

東京ミッドタウンにて「Tokyo Midtown Award 2017」の授賞式が10/13に開催された。 今年で10回目となる同アワードは、〈アートコンペ〉と〈デザインコンペ〉の2部門で実施している。2部門総計1489点(アートコンペ327件、デザインコンペ1162件)の応募作品の中から〈アートコンペ〉では鉄板に都市の名前を刻んだ『地図の沈黙を翻訳せよ』、〈デザインコンペ〉では「東京タワー」がモチーフのパーティー用クラッカー『東京クラッカー』がグランプリに選出された。(アートコンペについては、六本木エリアのアートの祭典「六本木アートナイト」のプログラムのひとつとして10/1に最終審査が公開で行われた。)
他、受賞作品については下記の通り。
〈アートコンペ〉テーマ:応募者が自由に設定
■グランプリ(賞金100万円) ※下写真が作品
『地図の沈黙を翻訳せよ』金子 未弥(アーティスト)
■準グランプリ(賞金50万円)
『rainbows edge Ⅵ』七搦 綾乃(彫刻家)
■優秀賞(賞金10万円)
『Invisible City』遠藤 有奈(アーティスト)
『顔の小屋』大野 光一(アーティスト)
『imagine the crowd』松本 千里(学生)
『四つの階段』山根 英治(美術作家)
〈デザインコンペ〉テーマ:「TOKYO」
■グランプリ(賞金100万円) ※下写真が作品
『東京クラッカー』加藤 圭織
■準グランプリ(賞金50万円)
『母からの仕送りシール』山中 桃子
■優秀賞(賞金30万円)
『東京はしおき』6(本山 拓人、不破 健男)
■審査員特別賞
・小山薫堂賞(賞金5万円)
『江戸前ブラシ』平井 良尚、吉野 萌
・佐藤卓賞(賞金5万円)
『スカートせんす』佐藤 翔吾、嶋澤 嘉秀、深澤 冠、木川 真里
・柴田文江賞(賞金5万円)
『ゲタサンダル』富永 省吾、綿野 賢、浅井 純平
・原研哉賞(賞金5万円)
『TOKYO 影皿』田村 有斗、岡 駿佑、阿部 真里子、佐藤 絢香
・水野学賞(賞金5万円)
『TOKYO WAGARA』須田 諒、鹿野 峻、柳澤 駿
また受賞者に授与されるトロフィーも魅力のひとつで、毎年違ったデザイナーにより個性あふれるトロフィーが生み出されている。今回はデザインコンペの審査員佐藤卓氏のデザインで、台の上面中央部からトロフィーの芽が出てきたところを表現したもの。Tokyo Midtown Awardの受賞者は、この受賞によって、社会に芽を出したような段階で、この時を忘れないようにとの想いで、このトロフィーデザインを考えたとのこと。そしてこのトロフィーの芽には、ペットボトルの口がちょうど差し込めるサイズになっていて、ペットボトルを好きな形に変形させてオリジナルのトロフィーができるという遊び心のあふれる仕掛けもされている。
入賞作品は11/5まで東京ミッドタウンのプラザB1Fオープンスペースにて展示。あわせて同期間で一般投票で人気作品を選出するオーディエンス賞も実施している。デザインコンペについては、Tokyo Midtown Award 10回目の実施を記念して、これまでの9回のデザインコンペ受賞作品全77作品を一挙に展示している。展示会場は、2016年デザインコンペグランプリ受賞者である市川直人さんがクリエイティブディレクションを行っている。

2017年9月29日金曜日

窓学10 周年記念「窓学展 -窓から見える世界-」開幕

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、2017 年 9 月 28 日
から窓学 10 周年を記念したエキシビション「窓学展 ―窓から見える世界― 」をスパイ
ラル ガーデン(東京都港区)にてスタートした。

「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、2007 年から窓を学問として多角的に
研究する活動「窓学」を研究者・建築家とともに実施し、建築、文化、アートなど、
様々な切り口から窓にアプローチしており「窓学」10 周年を機に、こうした窓の魅力に
新たなまなざしを向ける展覧会となっており、国際的に活躍する 3 名のアーティスト
(レアンドロ・ エルリッヒ、ホンマタカシ、鎌田友介)が窓をテーマとした新作を発表
するほか、YKK APが有識者と共に 10 年間取り組んできた「窓学」の研究成果を
わかりやすく展示される。

研究展示
五十嵐太郎(窓の漫画学 )・小玉祐一郎(窓の環境制御学 )・佐藤浩司(窓の民族学 )         塚本由晴(窓の仕事学)・中谷礼仁(窓の記録学)・原広司(窓のものがたり学)               ・村松伸+六角美瑠(窓の進化系統学) 

金沢21世紀美術館の『スイミン グ・プール』で広く知られるレアン ドロ・エルリッヒ氏が、窓をテーマ にした新作インスタレーションを展示。
ホンマタカシ氏が窓学のプロジェク トの一環としてル・コルビュジエの 建築の窓をとりおろし、被写体とな った窓辺空間の実寸模型をカメラオブスキュラとともに展示。
リサーチを基に人々の認識の違いを 顕在化させる立体作品を制作する
若手アーティスト鎌田友介氏は、新作3 作品を展示。 


開催概要 

日時:2017 年 9 月 28 日(木)~10 月 9 日(月・祝)
   11:00-20:00(会期中無休)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)   
   東京都港区南青山 5-6-23  TEL. 03-3498-1171(代表)
入場:無料

◆展示ディレクター:五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修) 
◆展示コーディネーター :柴田直美(編集者) 
◆会場構成:西澤徹夫(建築家) 
◆展示グラフィック:岡本健(グラフィックデザイナー) 
◆WEBデザイン:大輪英樹(PULP 代表) 

主催:YKK AP株式会社
特設ウェブサイト :http://madogaku.madoken.jp/

2017年9月20日水曜日

「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」

本日9/20より六本木・東京ミッドタウンにて、開業10周年を記念したイベント「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」が開催中。
アーク・ノヴァは、伝統あるスイスの音楽祭・ルツェルン・フェスティバルと日本で海外オーケストラの招聘などを行う音楽事務所・KAJIMOTOが、東日本大震災の復興支援のために発案し、建築家の磯崎新氏と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーア氏によってデザインされた、高さ18m・幅30m・奥行36mの巨大な移動式コンサートホール(収容人数:494名)。 塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜が1時間ほどの送風でドーム状に膨らみ、折り畳んでトラックで輸送できるように設計されている空気膜構造の建築。空気膜構造の外皮は輸送に適した軽量性を持った素材であり、同時に自由な形状をとることができ、ステージや客席などのホールの構成要素は輸送・再設営に配慮した規格で構成されている。2013年から2015年にかけて、松島、仙台、福島の3か所で展示され、コンサートやワークショップなどが行われた。
東京ミッドタウンはこの取り組みに賛同し、9/19~10/4までの間、東京で初めてアーク・ノヴァを展示し、各種イベントを行う。
※写真は9/19に行われたオープニングレセプションの様子で、関係者によるテープカットやミニコンサートも行われた。
発起人:ミヒャエル・ヘフリガー(ルツェルン・フェスティバル芸術総監督)
    梶本眞秀(ARKNOVA実行委員会実行委員長/KAJIMOTO代表取締役社長)
基本構想・デザイン:アニッシュ・カプーア(彫刻家)/磯崎新(建築家)
建築設計:イソザキ・アオキアンドアソシエイツ
企画制作:KAJIMOTO(2013~15年実施時)

東京ミッドタウンの芝生広場に隣接する21_21 DESIGN SIGHTでは、アーク・ノヴァの模型や映像を含め、既存の表現方法の垣根を超えた作品群を紹介する「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」も10/1まで開催している。

2017年9月13日水曜日

スキーマ建築計画、内装設計「八木長本店」オープン

創業280年、東京・日本橋の老舗乾物店、八木長本店が9月13日(水)にリニューアルし、グランドオープンした。総合プロデュースをTHINK GREEN PRODUCE、内装設計をスキーマ建築計画が手掛ける。
八木長商店は、1737年に江戸(東京)日本橋小舟町に鰹節と塩鮭を取り扱う商店として創業した(当時の店名は「伊勢長」)。明治時代に現在本店を構える日本橋室町1丁目に移転し、現在に至るまで営業を続けている。
赤が特徴的なビルの外壁は、元々塗られていたもの。その赤を背景として捉え、赤いカラーMDFの木箱を店舗内に積み上げることで、市場のような空間を構成とした。
また、天気の良い日は建具を開け放つこともでき、街と売り場の距離が縮まる。人の動きが絶えず通りに現れてくる活気あるお店を目指して計画をしたという。
商品を陳列するためにデザインされた木のボックスは、店の看板商品である鰹節を割ったときに現れる赤と同じ色をしている。
売り場の中心に位置する銅天板のカウンターは、お客様に一番出汁の淹れ方をみせるキッチンであり、会計をするレジカウンターでもある、コミュニケーションを生むアイランド式になっている。
銅天板のカウンターにあわせて、テーブルやスツール、冷蔵庫もデザインした。
八木長本店・代表取締役の西山氏は、昔ながらの店舗デザインをリニューアルしたいという思いは以前からあったようで、今回のリニューアルで店の雰囲気が一新され、以前とは違う年代の人に興味をもって店内に入ってきていたりと大満足しているようだ。

2017年8月31日木曜日

隈研吾デザイン「千日谷淨苑」開苑記念パネルトーク・内覧会

東京・信濃町の一行院にて『浄土宗永固山一行院 開山400 周年記念「千日谷淨苑」建立プロジェクト』の一環として、開苑記念パネルトーク・内覧会が8/25に開催された。お墓の基本デザインは隈研吾氏で、新たな神宮の杜のシンボルとなる寺院をめざした。
和の風情を印象づけるアルミの丸瓦と豊かな陰影を生む大和張りのファサード、建築と自然をつなぐ勾配屋根がつくるメリハリのある外観デザインが特徴。エントランスホールでは、外部と連続する大和張りの壁と天井、ヒューマンスケールな和紙の重ね貼りが迎える。参拝フロアは、温かみと奥行きを生む杉の堅羽目板スクリーン、水墨で染め上げた左官壁がつくるフォーマルな空間となっている。参拝ブースの墓石は、ミニマルなデザインとシャープなディテールにより、黒御影石の存在感を引き出した。エレベーターのサインなどの細かい部分もこだわりを持ってデザインしたとのこと。
 隈氏はパネルトークの冒頭で、「お寺やお墓は最もデザインしたい建築物の一つだった」とコメント。関係各社の代表者を交え、現代のお墓事情やこれからのご供養について話が繰り広げられた。

2017年8月28日月曜日

トーシンコーポレーション「UNITE FOR UNITE NIGHT」開催

8月18日、渋谷区神宮前にあるタンバリンギャラリーにて8月15日(火)~20日(日)まで開催されたトーシンコーポレーションが主催する展示会「UNITE FOR UNITE NIGHT」へ。
本展は、新しい発想によりスタートしたトーシンコーポレーションのアウトドアエクステリアブランド「UNITE」に参加するアーティストによるグループ展。ギャラリーという場所で時間と空間を共有し、それぞれの作家の表現する「UNITE」を、製品と共に楽しむことで新たな組み合わせを感じるこころみだ。
▲左手前:FU-PU DOG STAY
▲POST"E/LEVEL"シリーズ
▲UNITE TABLE"DECK"とWATER FAUCET PILLER"UNITE LOG"
▲Monro × Helinox Tactical Chair

「UNITE」は「アウトドア+エクステリア」をコンセプトととして、2017年4月よりスタートしたトーシンコーポレーションの新ブランド。もっと自由でアウトドアエッセンスのある身近に外を楽しめるデザインのものがあるといいな…そんな発想から生まれた、遊び心と実用性の融合したエクステリアだ。






参加アーティスト
神山隆二/モンロ/サークル/見城 了/YARD WORKS/二宮佐和子/YAWNO/オブチジン

トーシンコーポレーション
https://www.toshin-grc.co.jp/

2017年8月23日水曜日

Aoyama HiBRID『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』にてラウンジ協賛

84日、クラシックカーのモーターショー『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』へ。

ヘリテージカーがずらりと並ぶ会場の一角に、イタリアモダン家具によって作り上げられたラグジュアリーな空間が。
こちらは、イタリアを代表するインテリア・ブランド5社が設けたラウンジ・Aoyama HiBRID LOUNGE(アオヤマ ハイブリッド ラウンジ)。

Aoyama HiBRID」とは、Aoyama High Brand Interior District の略で、東京・青山にショップ・ショールームを構える高級インテリア・ブランドによる合同プロジェクトのこと。本プロジェクトはB&Bイタリアカッシーナ・イクスシーフレックスフォルムミノッティモルテーニ5ブランド構成されている 

360㎡の会場を監修したのは、インテリアスタイリストの窪川 勝哉氏。Aoyama HiBRID主催の5ブランドそれぞれがコーディネートするエリアと、窪川氏が手がける5ブランドのミックスコーディネートエリアから構成され、来場者にイタリアモダン家具でくつろいでもらえるラグジュアリーな空間を提供した。
AUTOMOBILE COUNCIL 2017のテーマである「CLASSIC MEETS MODERN(クラシック ミーツ モダン)」にもふさわしい洗練されたモダンなライフスタイルを体感することができるとあって、会期中は休憩や商談の場として多くの人が立ち寄った。

異業種とのコラボレーションからマーケットの拡大を目指すAoyama HiBRIDでは、今後もイベント開催を企画中。詳細はコチラへ。