2022年8月9日火曜日

2022BCS賞決定

日本建設業連合会は土木分野「土木賞」及び建築分野「BCS賞」を決定した。

2月より各分野において選考を進め、 8 月 4 日の日建連表彰委員会 委員長:押味至一 鹿島建設会長 において、 土木賞の受賞プロジェクト・構造物を 12 件 特別賞 2 件を含む 、 BCS賞の受賞作品を 15 件、 合わせて全 27 件を決定した。

【第63回BCS賞】

・熊本城特別見学通路(熊本県熊本市)

・熊本都市計画桜町地区第一種市街地再開発事業(熊本県熊本市)

・GREEN SPRINGS(東京都立川市)

・国立競技場(東京都新宿区、 渋谷区)

・THE HIRAMATSU 京都(京都府京都市)

・三栄建設 鉄構事業本部新事務所(大阪府大阪市)

・ダイヤゲート池袋(東京都豊島区)

・谷口吉郎・吉生記念金沢建築館(石川県金沢市)

・東京大学総合図書館(東京都文京区)

・東京都公文書館(東京都国分寺市)

・長野県立美術館(長野県長野市)

・延岡駅周辺整備プロジェクト(宮崎県延岡市)

・Hareza 池袋(東京都豊島区)

・横浜市庁舎(神奈川県横浜市)

・早稲田大学37 号館 早稲田アリーナ(東京都新宿区)

昨年に引き続き、日建連表彰PRコンテンツ「けんせつのチカラ」を制作。俳優の高橋克典さんが「けんせつ特派員」として日建連表彰2022の受賞案件を訪ね、プロジェクトにかかわった方々のお話を伺いながら紹介する。YouTubeの日建連公式チャンネルにて2022年11月25日に公開予定。

日建連表彰:https://www.nikkenren.com/sougou/award.html

2022年8月1日月曜日

8月2日まで「住宅建築賞2022入賞作品展 RESIDENTIAL ARCHITECTURE PRIZE」開催中

新宿パークタワー5F 特設会場にて「住宅建築賞2022入賞作品展」が2022年7月14日

(木)〜2022年8月2日(火)まで開催されている。 



住宅建築賞」は新人建築家の登竜門であり、作品を通して住宅建築に対する理解


を深め、近年多様化している「すまい」の新しい可能性を見出そうとするもので


ある。応募作品は原則として最近3年以内に竣工し、東京・埼玉・千葉・神奈川に


建つ一戸建住宅、集合住宅及び併用住宅などの作品を募集している。 




 

住宅建築賞2022金賞は畠山 鉄生 氏+吉野 太基 氏による設計の「河童の家」


であった。構造体を兼ねる階段の存在が印象的であり、最上階である3階から


も構造の役割を果たすべく天井まで階段が続いている。会場では構造模型や


建築の概要を見ることができる。 

 




入賞作品3点についても会場にて模型と建築概要の展示をおこなっている。 

 








住宅建築賞2022入賞作品展 RESIDENTIAL ARCHITECTURE PRIZE 

 


会期:2022年7月14日(木)〜8月2日(火)

 

開館時間:10:30~18:30   


休館日:水曜日  


会場:新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE 5F 特設会場 

   JR線:JR「新宿」駅南口から徒歩 約12分※ 

   都営新宿線・京王新線:「新宿」駅から徒歩 約10分※ 

   (※都営新宿線出口8方面の地下道「ワンデーストリート」を通り、 

     ワシントンホテル出口から地上に出ると便利です。) 

   京王新線:「初台」駅から徒歩 約6分

   都営大江戸線:「都庁前」駅 A4またはA5出口から徒歩 約8分

   小田急線:「参宮橋」駅から徒歩 約10分


入場料:無料