2021年11月10日水曜日

TOTOギャラリー・間、妹島和世+西沢立衛/SANNA展「環境と建築」開催中

南青山にあるTOTOギャラリー・間にて、妹島和世+西沢立衛/SANNA展「環境と建築」が10/22より開催中。 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環で、来場は公式サイトでの事前予約制。
TOTOギャラリー・間では、2003年以来2回目となるSANNAの個展で、展覧会のタイトルにもなっている「環境と建築」は、SANNAが長年取り組んできたテーマである。
今回の展示は、妹島和世氏と西沢立衛氏が日本および世界各地で取り組んでいる最新プロジェクトを中心に構成したもの。
竣工したものもあるが展示のほとんどが進行中のもので、住宅・大学・美術館・劇場など多岐にわたる模型や図面を公開。3Fの展示は周辺環境や敷地を含む縮尺が小さい模型、4Fでは3Fの模型をスケールアップしたものが展示されている。
また、SANNAで取り組んだものだけでなく、妹島氏、西沢氏それぞれの事務所のプロジェクトも併せて展示することで、その後の両氏の活動の軌跡を紹介している。
▲3F展示
▲3F「三島のオフィス(2020-、静岡、西沢立衛建築設計事務所
▲3F「新香川県立体育館(2018-、香川、SANNA」の屋根模型
▲中庭「Puyan Design and Event Center(2019-)、中国、妹島和世建築設計事務所」
(※撮影時、風があったため覆われるガラス部分の模型は室内に一時避難されていた)
▲4F展示 建築作品だけでなくプロダクトの展示も。
▲4F「新香川県立体育館(2018-)、香川、SANNA」全体スタディ模型と屋根構造スタディ模型。
メインアリーナとサブアリーナをつなぐエントランス広場の屋根は、約12mの大スパンで計画。

12/10には、1987年から2021年までの活動を年代順に紹介する3巻セットの書籍が発行予定。作品集もひとつの建築と考え、建築設計に近いやり方でつくったという、両氏のこだわりが詰まったブックデザインにも注目してほしいとのこと。
また関連の講演会が12/10に有楽町朝日ホールで予定されており、11/18まで公式サイトにて申込受付中(応募者多数の場合は抽選)。展覧会は、2022/3/20まで。

0 件のコメント: